経理業務を効率化するために|入金消し込み作業はソフトを使おう

新しい決済送金方法

会議

私たちの周りへの変化

フィンテックというビジネス用語が日本で大きな注目を集めるようになりました。フィンテックとは金融とテクノロジーの融合という意味で、インターネット間で送金や決済を完結する新しい技術です。この技術が日本の金融事業を中心に導入する動きを見せる企業が増えています。フィンテックを導入することで私たちの生活に変化はあるのでしょうか。一番わかりやすいのは、スマホ間で行える決済サービスでしょう。最近は広告などで認知度も高まり、コンビニでも利用できるので利用している人も多いと思います。これらのサービスを通した利用者の購買価格や年齢層などの情報を商品ごとのデータとして蓄積し、そのデータを基に新たなサービスにつなげることも考えられています。対象を絞った融資のビジネスに広げる可能性もあります。またフィンテックは、個人の金融情報などの様々な情報をクラウド上で一つにして管理するサービスのことも含みます。現在広まっている家計簿アプリやデータの代行サービスなどがそれです。このように必要な送金や買い物の決済がどこででもできる反面、安全面での危惧が不安視されています。決済や送金などお金の管理がアプリ一つでできるということは、何を購入しどんなサービスを受けたのかが管理元に筒抜けになります。もしハッキングやウイルスなど外部から攻撃を受けた際は現時点ではどうしようもありません。フィンテックのこれからの課題の一つとして、顧客のプライバシーを守る為さらにセキュリティを強化することでしょう。