経理業務を効率化するために|入金消し込み作業はソフトを使おう

女性

金融と技術を組み合わせる

フィンテックサービスは、様々なものがあります。特に、お金の管理ということであれば少しでも利便性が高いものや機能性が高い仕組みのサービスを選択するということが大事です。多くの個人や企業にも活用されています。

詳しく見る

オフィス

煩雑な作業を合理化

販売管理のサイクルの中では入金消し込みは軽視されがちですが、会社のサイクルの中では最も重要な業務です。しかし処理は煩雑で手動だとミスも危険も高まります。入金消し込みシステムを導入すれば自動照合も可能になり、未入金のチェック、再請求処理も簡単に行えます。何よりミスが減り会社の合理化に役立ちます。

詳しく見る

女性

導入はシステム会社に依頼

フィンテックは、電子マネーや仮想通貨など金融とIT技術を融合したもの全般を表すものである。これらのシステムを導入する場合には、特にシステムの信頼性などが重要になる。また、広く利用されているものを導入することもポイントである。

詳しく見る

PC

わかりにくい

ネットショップではユーザーが入金してくれなければ、売掛金として処理しないといけないのです。そして入金があると売掛金を消す入金消し込み作業が必要になります。この入金消し込み作業を、銀行振り込み決済代行に任せると楽になります。

詳しく見る

会議

新しい決済送金方法

フィンテックは確かに便利な機能ですが、プライバシーの問題と同時に従来銀行業務を担ってきた人には大きな転換となります。いまからすぐにフィンテックを導入することは難しいですが、集約したビッグデータの活用やセキュリティの問題が解決すれば融資などで企業間に普及することは遠くないでしょう。

詳しく見る

経理業務をシステム化する

男女

入金の消込作業工数を削減

経理業務の中で、入金消し込みは売上に直結する業務ではなく、業務効率を良くする活動の中でも、後回しにされがちの業務です。システム化される前の入金消し込み業務は、まさにアナログ的で担当者の確認作業が多く、実は工数のかかる作業なのです。実際の作業の流れを簡単に説明すると、販売した取引先から入金がされ、銀行から通知が来ますが、大抵取引先は合算で振り込むことが多いのです。販売した日付はたいていバラバラなので、振り込みされた金額から、どの売上伝票のものかを確認していき、確認が取れたものから、入金があったとして処理をするのです。取引先が多く、更にその取引金額も多い場合には、この作業に膨大な工数がかかると共に、間違いがあると売掛金のみ回収や二重請求につながってしまうのです。こうした入金消し込み業務は、実はシステム化してしまうと、人間が行うことで発生すると考えられる、リスクをなくすことができるのです。これはコンピュータシステムが最も得意な、計算業務の応用であり、そもそもコンピュータは定められた内容であれば、計算ミスを起こさないのです。さらにシステム化することで、売掛金の管理から入金の消し込みや、債権管理と未収金の督促までも短い時間で行うことが可能なのです。このように経理業務の効率化の中で、入金消し込み業務はシステム化することで、工数削減とミスの低減が可能になり、そのメリットも十分受けることができるのです。